バシャールから学ぶ引き寄せの法則を活用した愛されながらすごい人に育てる究極の教育法

f:id:libertyfactory:20160912104826j:plain

今回は、引き寄せの法則を応用した少し高度なお話です。

事業を通して、リーダーを育てる事をしてきているのですが、どうやって引き寄せの法則を活用していっているのかを僕なりの知恵と体験とコツを分かち合いさせていただきます。

4つのステップがありまして、コーチング・コンサルティングのお客さんはどんどん成長して伸びていったりとか、自分の仲間たちがどんどんリーダーシップを発揮していっているのはこれかなというものをシェアさせていただきます。

 

自尊心を埋めてあげる

どういう人の周りに人が集まるのかという事を考えてみたらいいと思うんですよね。

それには、あなたがどういう人の元に集まりたくなるのか?を考えてみると自ずと答えが見えてくると思うんですが、それを抽象化して本質を抜き出すと、人は、自分の自尊心を高めてくれたり、満たしてくれる人の所に集まる傾向があります。

これは行動心理学上で科学的に言われていることなのですが、自分の深い自尊心、プライドを高めてくれたり満たしてくれて、結果的に成長させてくれる人の所に集まるようになっています。

僕はそこまで高度には出来ないのですが、あくまでも意識してるのは、相手の自尊心などを認めたり、埋めてあげるコミュニケーションを心がけてます。

例えば、目の前の人が色んな相談や悩み、愚痴を言ってきたとしたら、一旦受け止めてます。

心の中では「そんな事で悩んでないでさっ」と、思うような事があっても、一旦その悩みを打ち明けてるあなたがどんだけ素晴らしいか?を伝えるようにしています。

そして、そもそも悩みを解決できるために悩みがやってきているようなものなので「そのお題がやってきてよかったね!次にステージに進んでいいって事だよ」と、伝えてあげたりして、その人の人生がちゃんと地に足がついてて間違いない方向に進んでるという事を伝えるようにしています。

でも、絶対にしないのは、口先だけでは言いません。口先だけだと口先だけで言ってるってすぐに分かっちゃうので。

と言っても自尊心を高められているかどうかは分かりませんけどね。

でも、ありがたい事にたくさんの人が周りにいてくださるので、僕といても居心地は悪くはないんじゃないかなと思います。

それは決して傲慢になっているわけではなくて、以前にたくさんの人が離れていった経験があるので、その時の経験があるのでそう思うんです。

以前は本当にヒドくて、めちゃくちゃダメ出ししまくったり、重箱の隅をつつくような事をいっぱいしていたので、どんどん自分から人が離れていった経験があるんですね。

「嫌われていた」ってことです(笑)

上村と居たくないって思う人たちがいっぱいいて、そこから学んできた一つとして、ちゃんと相手の事を受け入れてあげるっていう事が大事なんじゃないかなと思っています。

 

一つ上の抽象度で会話をする

この表現自体が抽象度が高い表現なんですが、アインシュタインの格言でこういう格言があります。

「その問題が起きた時と、同じレベルでは問題は解決できない」
「その問題が生みだされた時と同じレベルでは、その問題は解決できない」

という格言があるんですね。

この格言を言い換えるのであれば

「その問題を解決する為には、一つ上のレベルに行く必要がある」

という意味なんです。

その問題を解決するためには、一つ上の思考と行動が必要だよっていう事を、アインシュタインが教えてくれてるんですよね。

なので、僕の所にクライアントや仲間から相談が来た時に、僕はどういう風に答えているかっていったら、同じ目線では会話しないようにしています。

同じ目線で会話すると、相手の人は、スッキリします。

「あー、なんかスッキリしました!ありがとうございます!!」と、なるんですが、それじゃダメなんです。相手の事をすっきりさせちゃダメなんですよ。

スッキリさせてしまうと、そこで思考が止まっちゃうので、考えさせないといけないんですね。同じ目線で接してちゃダメなんですよ。

その人たちは、あなたに相談をすると成長できたり、解決できると期待してくるので、自分で考えて自分で答えを導き出せるような気づきを与えないといけないんですよ。

例えば、目の前の人があなたに相談しに来ますよね。この時点でその人の中に答えはあるんですよ。

よく、答えは内側にあるっていうじゃないですか?これって本当なんですよね。

人生で解決できないお題がやってこないようになってますし、解決できない問題って悩まないようになってるんですよ。

今のあなたに100億円のお金を1ヶ月以内に使い切らないといけない悩みがないように。

だからあなたに相談しに来る人がいて、悩んでいるのであればその人が自分で解決できる力が必ずあるから悩んでるんですね。これをまずは信頼してあげる事なんです。

相手の邪魔をしちゃいけないんです。あなたが答えをいっぱい教えちゃうとその人の成長を邪魔することになります。

その邪魔をしていると、自立バリバリだった人でさえも依存体質になっちゃうんです。もし、周りにいる人が依存体質になっていくとしたら、それはあなたが依存体質にさせちゃっているんです。

 

答えは教えない

あなたがもしも答えを教えちゃうと、その人の価値観の中に、答えが外側にあるという信念が染みついちゃうんです。

だから「悩みが出た⇒答えは外側にある⇒んじゃ、あの人に聞こう!」という依存的な思考パターンになっちゃうんですよね。

だからどんどんあなたに依存をしていって育たなくなります。むしろ、ダメにしていってしまうのです。

人が育たなくなると、あなたのビジネスや家庭内でどういう障害が出てくるかというと、死ぬほど忙しくなります。

「何でもかんでもあの人がやってくれる」と、依存されるので、あなたが何でもかんでもやらなきゃいけなくなるんです。

もし、あなたが人を育てていきたいのであれば、答えを教えちゃダメなんです。

聞かれた事に対して、1個レベルを上げて会話をするんです。そうすると相手の人は「ん???」ってなるんですよ。

「ん?どういう事だ?この人が言っている事はどういう事だ?」となるのでスッキリしないんです。それでいいんですよ。

そうやってその人の中にある成長の種に、キッカケをあげて、気づきを与えて、インスピレーションを与えるのがあなたの役目なんです。

答えを与えるんじゃなくて、インスピレーションを与えるんです。気づきを与えるんです。ヒントを与えるんです。

魚をあげちゃダメなんです。魚をあげればあげるほど、その人を弱くさせちゃうんですよ。その人から失敗の体験を、機会を奪っちゃダメなんですよ。失敗させていいんですよ。傷つけちゃっていいんですよ。

その代わり、失敗して傷ついている所も受け止めてあげて、あなたが最終的な門番っていうか守り神というかキーパーになるんです。

あなたがいるからみんな安心して攻められるんです。

だから、失敗してもOKというスタンスで、その代わりあなたは全責任をちゃんと請け負うスタンスでどしっと構えて、本人が気づけるような会話をするんです。

「あなたのおかげで解決できました」と思われたら負けだと思ってください。

真のリーダーシップ、真の教育は、相手が輝く手伝いをする事であり、相手が自分の力で輝いてるんだと思ってもらうほうがいいんですよね。

あなたのおかげって思われなかったらあなたは真のリーダーです。

間違っても相手に認めてもらおうなんて考えちゃダメですからね。育てる側が承認欲求を満たそうとしようもんなら悲惨です。

あなたにスポットライトが当たってちゃダメなんです。

自分の力でスポットライトを浴びてるんだって言う風に思って、あなたは裏方に徹する。これが新のリーダーだと思います。

人から認められなくってもいいやと、承認欲求は絶対に入れちゃダメです。

「自分の力なんか大したことないんだよー」「自分にできる事は気づきを与えて、ヒントを与えて、けど元々あなたの中に答えはあるんだから、まぁそれをあなたが自分で気付くためのサポートぐらいしかできないやー」と、どんどん力が抜けてくると、なぜかあなたの周りにリーダーが育ってくんですよね。

 

相手を腹の底から信頼する

ポイントは育てるんじゃないんです。これは子育てに関してもそうですが、育てるのではなく育つんですよ。

本人の個性・才能・力量はこちらがどうにかできる事ではありません。最低限本人の中に全部あります。

なので、育てようなんておこがましいとさえ、僕は思っています。

ちゃんと引き寄せの法則が働いていて、「育てよう!」と思うと「育てて欲しいー!!」っていう人が来ますので。依存させないんですよね。

僕なんか別にいてもいなくても変わらないんだーってホント自分の存在意義をどこに置くんだって話になってくるんですけど、すごくこれ深い話ですよ。

リーダーが育てられない人は、自分がいなきゃダメだって組織の中で思ってるんですね。

そうじゃないんです。あなたがいなくても組織は回ります。

あなたが管理職だろうが、あなたが社長だろうが、あなたがいなかったら回らないような組織であれば、あなたはちゃんとリーダーシップを学ばないといけないんですよね。

あなたがいなくても組織が回るようにしなきゃ。あなたがいなくてもチームが運営できるようにならないと。

それが自営業者からビジネスオーナーへの壁だったりもします。

あなたが人から認められなくっても最高の人間なんだって言う事をあなた自身が腹の底から認められるようになると、人からの評価がいらなくなります。

なので「あなたのおかげで色々仕事ができるようになりました」「あなたのお陰で伸びました」っていう事を言われない様になってくると色んな人たちが勝手に自立して自発的に伸びるんじゃないかなと思います。

そのプロセスの中であなたはお礼を言われない方がいいんですけど、その寂しさを通り越してあなたはいるだけで価値があるんだよっていう領域にぜひぜひ進んでってください。あなたには必ずなれます。

そのあり方必ず手に入れる事ができますので。

ぜひもしも僕の何か知恵と体験がお役にたてるのであれば、エッセンスを取り入れていっていただければと思います。

 

まとめ

リーダーを育てるコツは育てようとしない事。育つ事を信じるんです。腹の底からその人の素質・才能、その人のペース、信じるんです。

「大丈夫だぞ、君にはできるぞ」と。

できる事といえば話を聞いて「うんうん」ってうなづいて、「そうだよねー」って認めて、「どうしたらいいと思う?」っていう風に聞いてあげたら、その人が勝手に答えを自分の中から取り出して、勝手に行動していきます。

これは僕なりなので、もしかしたらこのエッセンスは合わないかもしれないですけど、何かエッセンスを取り入れてみたら良いかもしれません。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。ブログでは書ききれないことを、「たった30日で人生が劇的に好転していくメール講座」というのを無料メルマガでやっています。

メルマガの方では4種類の無料コンテンツを配信させて頂いています。このコンテンツをぜひ僕から受け取ってください。30日間僕からあなたに、成功や豊かさを手に入れるための貴重な僕の体験と、知恵を分かち合いますし、皆さんの内側に眠っている才能とか可能性の種を引き出すようなアウトプットの質問をさせていただいて一緒にワークをやっていくようなコンテンツもあります。

「無料でここまでやるのか!?」と大好評をいただいておりますので、ぜひぜひ一緒に成長の分かち合いを出来ればと思います。

登録がまだの方は、これを機にぜひ登録してみてください。 登録は無料で、ぽちっと下のURLをクリックして頂いて、名字とアドレスを入力して頂くと無料でできるようになっていますし、解除もすぐにできますので、気軽に安心して登録して見てください。

>>クリックしてメルマガ登録する<<




1万人以上の方々から大好評!
30日で人生が変わる魔法のメール講座

「これ、本当に無料でいいの?」と多くの方から絶賛の声が集まっています。
是非あなたの人生にお役立てください。
今のうちにゲットしてください。
何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。
詳しくは登録ページにて。