引き寄せたお金を確実に増やしていく経済自由人的お金の管理術

今回は、お金の管理術についてのお話です。経済的自由と聞くと、たくさん稼ぐ人というイメージばかりが先行し、どうしてもどう稼ぐか?ばかりに目がいきがちです。

しかし、いくら稼いでも経済自由人にはなれないというのが現実なんです。それには、経済自由人的なお金の管理術が必要になっていきます。

今回は、経済自由人になるために大切なお金の管理術についてお話していきます。

「お金が無くなったらまた稼げばいい」というのは経済自由人になれない典型的なパターンですよ。

収入を増やすことと資産を増やすことは違う

僕はサラリーマン辞めて独立したんですが、収入は増えていきました。収入を増やすことは簡単です。

なぜなら、メンターを見つけて、在り方を正して、学ぶ姿勢を持って攻めの姿勢で正しいことをやれば絶対うまくい行くからです。メンターさえ見つけてしまえばいいので、難しくないんですよ。

ですが、稼ごうと思っている時ってお金が貯まらないはずなんです。木を見て森を見ずではないですけど、収入を増やすことを意識している時って、木を見ているんですね。森が見えないんですね。

「いい加減これじゃダメだろ」ってなったときに森を見始めることが僕のプロセスの中であったので「収入を増やしてもお金が貯まらない。これじゃダメだ。」と思っていたら大チャンスだと思うんですよ。

年間いくら稼ぐかじゃなくて、年間でいくら残るかが大事なんですよ。

いくら稼ぐかを考えている時は、税金の事とかもろもろ守備の部分が雑になっていると思うので、年間通したら残っている金額って稼いでる額に対して割合的に「え?」っていう額しか残っていないと思うんですよね。

資産構築=感情のコントロール

お金が貯まらないのはどういう状態かと言うと、感情のコントロールができていないんです。

僕がよくプラスとマイナスの話をしているんですが、プラスの方に偏っちゃってるんですよ。

稼いでる理由ってのも、マイナスから逃れるためにビジネスをやっていることが根底のどこかあるので、稼ぎの方がプラスの方に偏っているんです。

そうするとどうなるかというと、人生の中でマイナスの方に振り戻されるようなことがやってきてると思うし、実際に行動ベースでやっていると思うんですよね。

これによってお金の出費が増えたり浪費が増えたりすると思うんですね。

すごくわかりやすい例で言ったら、すごくたくさん稼いでいるのに、男性で言ったら女の子との遊び代とお酒代と、浪費にいっぱい年間費やしちゃって、確定申告したときに全然残っていない人っていっぱいいるんですよ。その他、投資で痛い思いをしたり。

女性で言ったらファッション代や旅行代や美容健康にお金をたくさん費やしていたり。これは、収入が増えると支出が増える法則があって、人それぞれの価値の序列によってお金を使うジャンルが異なるので、まずは価値の序列を把握することが大切です。

価値の序列に関する記事は下記記事で詳しく書いてあるので、読んでみてください。

参考記事:経済自由人は価値の序列が違う!お金を科学的に引き寄せる3つの原理原則

いくら稼いでいても税金を払うために借金している人がいる

年収3,000万、年収1億。これを聞くとお金持ちのように感じますよね。

しかし、銀行からお金を借りている人っていっぱいいます。なんでかって言ったら、税金を払うためです。

こういう人は資金管理能力がないんです。資金管理能力がない人は、感情のコントロールができない人なんですよね。だから、お酒もいっぱい飲んじゃうし、憂さ晴らしで旅行にドンと使っちゃうし、買い物もボンってやっちゃうと思うんですよ。

これって、この人のポジティブ思考がすごく強いのが原因で、無くなっちゃたらまた稼げばいいと思っているんですよね。冷静に見てみると経済的自由に全然なっていません。

どう稼ぐかよりもどう管理するかが全て

稼いでいる金額は多い。だけど、お金との距離感、自由になっている感が全然増えていないことに気が付くんですよね。

僕はそれに気付いて修正をしてきました。どういう風に修正するかというと、稼ぐことに重きを置くのではなくて、財産を築くことに重きを置くようにしました。

僕で言ったら上村家の財産を作って上村家が繁栄することに重きを置いているので、子供の事孫の事、上村家が繁栄することまで全部なんですよね。

自分の成功のことだけを考えているわけじゃないし、入ってきたお金をどういう順番に使うかもすごく大切。貯蓄に重きを置かないと経済的自由にはならないんです。

僕のメンターのアメリカ人の大富豪の人に教えてもらっていることなんですが、どう管理するかが大事であって、どう稼ぐかはどうでもいいんです。

25~6歳の時にはビジネスで年間1億円位の不労所得をもらっている大先輩の方がいました。

その方とお話しさせていただく機会があって、他の大先輩が「そんだけ稼いでいるんだったら、もう収入で生涯困らないですよね。何に使っているんですか?どうやって使っているんですか?」って質問されていたんです。

すると、ボソッと「いや、銀行からお金借りているんだよ。税金のために」って、生涯忘れない一言でしたね。「そんだけ稼いでいるのに借金するのか!」と。

参考記事:なぜお金を引き寄せようと稼ぐ収入を増やしてもお金が増えないのか?よく陥りがちな法則と3つの改善方法

年間1億円稼ぐ人vs月間2〜3万円貯金出来る人

つまり、そういうお金持ちもいるし、本当に財産管理をやっている根っからのお金持ち哲学を取り入れている人もいます。

だから、稼ぐことだけを考えている人は哲学を持っていません。金銭哲学を持っていないと、一向に自由にならないんですよね。

年間1億位稼いでいて、税金払うために銀行からお金を稼いでいる人。そうじゃなくても貯金が1円にもならない人って世の中ごまんといるんです。

ですが、お金を稼いでいるけど実際は持っていない人よりも、月収20万円で毎月2~3万円ずつちゃんと貯金をしているOLの方が経済的自由度合いでは勝っています。経済的自由のセンスがあるということなんです。

カメとウサギの話で言ったら、OLの方がカメです。

お金稼ぎで言ったらウサギの方が勝っているので、お金で遊べる幅も広いんですが、お金の管理能力はカメの方が高いので、カメが勝つんですよね。

本当に賢い人は他人の失敗経験を先に取り入れられる人で、もしまだ痛い思いをしていない人であれば、僕の体験を取り入れてくれたら賢いんですよ。

稼ぐ額じゃないんです。月収30万円のフリーターだろうが、100万とか300万円もらっている事業者で成功している人だろうが、そのお金をどういう順番でどういう管理をしているかであなたの人生本当に決まります。

その財テクに目覚めると、メンタリティーと引き寄せがガラガラって変わりますから 3年やる価値あります。

それはメルマガにも書きますし、どこかでお会いしたらお伝えしますので、ぜひぜひ分かち合いたいと思いますけど、これはアメリカ人のメンター以外に誰からも教わっていないことなので、ぜひぜひ一緒にやっていただければと思います。

もう、口酸っぱく言いますけど、いくら稼ぐとかは関係なくて、どう管理するかなんで、今手元のお金を。ぜひぜひやっていっていただければと思います。

経済的自由の道のりは結構地味ですよ。

一緒に幸せな経済的自由人を目指しませんか?

もしもあなたが、人生を少しでもいい方向に改善したいなとか、経済面を良くしたいなとか、人間関係、ビジネス、パートナーシップを改善したいなと思うのでしたら、ぜひぜひ僕のメルマガを読んでみてください。

30日で人生が変わる様なきっかけをメール講座でお届けしています。

登録のはこの下のURLから無料購読できます。つまらなかったら3秒で解除できますので、とりあえず気軽でいいので登録してみてください。それではお待ちしています。

>>クリックして無料メルマガに登録する<<




1万人以上の方々から大好評!
30日で人生が変わる魔法のメール講座

「これ、本当に無料でいいの?」と多くの方から絶賛の声が集まっています。
是非あなたの人生にお役立てください。
今のうちにゲットしてください。
何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。
詳しくは登録ページにて。