自分の時給はいくら?ストレス無くどんどんリピーターを引き寄せる価格設定方法

今回の記事は、自分でビジネスをこれから始めるorすでに始めている方向けの記事になります。

あなたが提供する商品やサービスの価格設定方法についてお話していきます。

安売りせず、価格競争に巻き込まれず、それでも愛あるお客さんに囲まれて幸せにビジネス展開をしていく話に直結しますので、最後まで読み進めてみてください。

動画の方がお好きな方は動画でご覧くださいませ。

大事なのは価値と価格のバランス

これは、僕も結構悩んだことあったんですが、ちゃんとした基準があります。

価値と価格のバランスなんですよね。

当たり前の話なんですが、自分がお客さんとしていろんなお店に行くと思うんですよ。そして「コスパ」っていう言葉を僕らはよく使うじゃないですか。

払った金額に対して満足したことが高ければ人はリピートするし、価格よりも価値が低いと思えばリピートしないので、要はそのバランスをどうしましょうかという話だと思うんですね。

世の中の相場よりもセルフイメージで価格を決める

世の中の相場云々の前に、価値と価格のバランスは自分の内面にあります。

なぜなら、セルフイメージより多い金額を受け取るのはストレスだし、セルフイメージより少なく受け取るのもストレスなんです。適正な範囲が自分の内面にはあるんですよね。

僕で言えばコンサル料1時間でいくらがふさわしいのかなってのがあるんですね。

1時間1万円でカウンセリングやっている人もいれば、僕が知る限りで1時間50万円くらいの人もいます。

でも、実際の価値にはそんなに大きな差があるわけではないんです。サービス提供者が自分の時給をいくらなのか?を自分で決めているだけなんです。

自分が持っているAという商品を人様に提供させてもらって、いくらのお金を受け取るのが心地いのかってのを自分に聞いてみるのがまずは一番かなって思います。

それが市場の相場よりも低かったとすれば、あなたのセルフイメージが一般的よりも低いってことですし、一般の相場よりも高い金額であれば、それがあなたのセルフイメージが高いのであって、相場にそんなに金額を合わせることってのをせずに、自分の価値がどれくらいかってことを自分で決めることが大事です。

自分の価値は自分で決めるので、その決まった価値と価格に対して必要な人たちが集まってくるだけです。

どの価格を付けようがその価格に沿ってお客さんが集まるだけなので、どっちかと言うと、世の中ありき、お客さんありき、相場ありきじゃなくって「あなたありき」でまず決めるのが良いと思いますね。

あなたの価格に商品価値を合わせていく

では、仮にあなたが決めた価格が同業他社の市場相場よりも高かったのであれば、その相場よりも高い価値をあなたが作ればいいんです。

それが自分なりの絶対的領域をちょっとずつ作っていく努力にもなりますし、それができなくても自信がないのであれば、相場観に価格を合わせてもいいんですが、そうなると、どんどん価格競争になっていっちゃいます。

どの商売をやっていようが最初から安い居酒屋をやるよりも、ここでしか体験できないような会員制のバーをやった方が商売のストレスもないですし、息も長く続くし、うちの店はこれで良いんだよっていうファンばかりが集まる店になるんでその方がいいんじゃないかなと思います。

価格設定について色んな基準があると思うんですが、いくら欲しいかはサービス提供者の内側にあるんですよね。

周りの人が「10万円がふさわしいよ」って言っていても、あなたが2万円分としか思っていなければ、8万円分って受け取れないんですよ。

その差額って、仮に受け取ったとしても出ていくようになるんですね。

あなたが2万円と思っているのであれば、10万円の価格設定をしているとどんどん苦しくなっていっちゃうんで、ちょっとずつセルフイメージは上げていくのが良いんじゃないかと思います。

僕の場合だと、最初にグループコンサルをさせてもらっていた時は、月に5万円がスタートだったんです。

最初僕はこの5万円を受け取るのが怖かったんですよ。

なんでかというと、この5万円を月額でスタートする前の3~4年前にずーっと無料でカウンセリングをやっていたので、人の相談を受けてお金をもらうってことが、慣れていなかったんですよね。無料が基準だったので。

それを月に5万円も頂いちゃっていいのかな?という場所からスタートして、そこからお客さんたちにもう一段回料金を上げたいんだけど、どれくらいだったらいけるかなみたいなのを相談して、10万じゃなくて7万5千円になって、3回目に月額10万になって、4回目に月額12万円になってと、どんどん段階を踏んで自分自身慣らしていったんですね。

僕は結構チキンハートなので、ちょっとずつじゃないとドキドキが強いです。

そういうパターンがあれば、最初からセルフイメージ、自己価値が強くって、「え?いくらくらいだよ」ってズバリ言う人もいると思うんですけど、これは、コンサルとかカウンセリングのお仕事をやっていようが、ラーメン屋だろうが、要は自分の業種の中でどのポジションを取りに行くのかってのも事業主の方の理念にあると思いますので、高級路線に行くのか、低価格路線に行くのか、そういう会社の理念の所から一緒に見直しになっていくと思います。

でも最終的には、経営者の内面にあると思います。いくらくらいがちょうどいいってのが。

その金額の幅内でストレスが無いように始めることが一番ですよ。

どうやったら経済自由人になれるの?

30日で人生が劇的に変わるという無料メール講座を配信しています。

経済自由人になるためのエッセンスを凝縮してお伝えしていますし、そのためのエクササイズで毎日僕の方から1日15分でできるワークが届きます。そこでは、僕も一緒にミニワークをこなしています。

人生の豊かな知恵やメンターからの導きなどをいっぱい配信していますので、受け取って頂ければと思います。無料購読ですし、つまらなかったらすぐ解除出来ますので気軽に登録をポチッと押してみて下さい。

>>メールマガジンに登録する<<




1万人以上の方々から大好評!
30日で人生が変わる魔法のメール講座

「これ、本当に無料でいいの?」と多くの方から絶賛の声が集まっています。
是非あなたの人生にお役立てください。
今のうちにゲットしてください。
何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。
詳しくは登録ページにて。