金持ち父さん貧乏父さんに学ぶ不労所得マインド!愛に満ちあふれたビジネスオーナーに進化する方法

今回は、不労所得を得ているようなビジネスオーナーになっていくために何が必要なのか?という事について解説していきたいと思います。

動画でも解説していますので、お好みの方でご覧くださいませ。

働き方を分ける4つのタイプ

ロバートキヨサキさんっていう方が「金持ち父さん、貧乏父さん」という全世界でものすごく影響を与えた本があります。

もしかしたらご存知かと思うんですが、その中で『サラリーマン、自営業者、ビジネスオーナー、投資家』という4種類の人間がいるっていう事を解説しています。

で、さらに大きく分けると2種類に分けることができ、1つは、サラリーマンと自営業者。95%の人。

もう1つは、ビジネスオーナー、投資家の人という風に分かれると言っています。

95%のサラリーマンの方と社長業の方というのは労働収入で、右側のビジネスオーナーと投資家は不労所得という違いがあると。

心のあり方が全く違う

労働収入から不労所得にどうやって変わっていけるかっていう話なんですが、これがとっても大変なんです。

僕でいうのであれば、まずはサラリーマンやめてから、自営業者として最低限の成功を収めることが出来ました。

で、左側のサラリーマンと自営業者っていうのと、ビジネスオーナーと投資家って、メンタリティーが違うんですね。

自分が知っている限り、心の在り方が違うんです。

ビジネススキルっていう面ではなくて、心の在り方が根本の部分で違うなっていう事をすごく感じてます。

どういう事かというと、自営業者というのは自分が1番偉くありたいんですね。自分が1番有能でありたいんですよ。

言葉では、いっぱい育ってほしいなーって言ったりするんですよ。

あいつがいっぱい育ってほしいとか、自分を越えてほしいんだって言うんですけど、本音の部分ではそうは思ってないんです。

社長とビジネスオーナーは全く違う

僕自身がそうだったからよくわかるんですけど、自分よりも優秀な人が社内に出て来られると困るんですよ。

組織の中で自分の地位や立場を脅かす人が出てくるとすっごい困るんですよ。

なぜなら、社長の権限がなくなるじゃないですか? 「社長、社長!」っていう風に人に言われてたり、俺が社長なんだとか、自分がこの組織を引っ張ってきているんだっていう自負が、みなさんお有りだと思うんですよ。

で、自分が今関わらせて頂いている方々もみんなそういう立派な人格者なんですけど、やっぱり自分がやったんだっていう風に思いたい在り方なんですね。

そうすると、どういう風な組織体系になるかというと、どっちかというとトップダウンなんですね。

トップダウンの組織がやっぱり組織として強いですし、上の人が右向け右って言った方が強いんですけど、どっちかっていうと社長のワンマンなんです。

年商で数億から数十億くらいの規模であるならば、ワンマン社長で頑張ってこられている方がすごく多いんですけど、その人達ってどんなにビジネススキルのビジネス経験値を上げても、ビジネスオーナーにはなれないんです。

ロバートキヨサキの本を知っている人は、E・S・B・Iがあって、今度自分はSからBに行こうとしているんですけど、行けないんですね。

壁を超えられないんですね。

どういう事かというと、ビジネスオーナーの方、自分の先輩達にも本当に一握りだけいますけども、その方々って何が違うかっていうと、徹底的に人の事を褒めるんですよ。

もう本当に褒め上手なんですよね。

こっちの自尊心がものすごく満たされるというか、人の才能を見つける天才で、才能をさらに褒めて伸ばす天才なんですよね。

そうすると、その人の為に仕事をしたいっていう風に思えたりとかして、仮にそういう社長の在り方の場合だったら、部下がどんどん独立していく時に、グループ会社になっていくんですよね。

なんでかっていったら、あの人と一緒に人生共にするほうがいいっていう風にこちら側が思うんですよ。

あの人と一緒にいたい、あの人の為に働きたいっていう人格者だと、どんどん僕らがその人の為に働いたり、あなたが僕の為に働いたりとか、そういう風な人間関係になってくると、やらされているとかじゃなくて、あの人の為に働くっていう風になっていくんです。

これはテクニックとかじゃないんですよ。人格がそうなんですよ。

闇の部分を受け入れることが出来るメンタリティ

そうやって人の長所をとことん見つけて、とことん伸ばすことがオーナーの方々が出来る人に共通していることは、クソッタレな部分を愛しているんですよ。

自分の負の部分、クソッタレな部分、闇の部分、自信がない部分、ダメな部分、出来ない自分とかっていっぱいありますよね。

人間何でも出来る訳じゃないんで。

こういう出来ない一面をその人達って本当に認めて受け入れてるんですね。

逆に自営業者でバリバリ頑張っている人って、負の部分を受け入れてないから、より頑張るんですよね。

頑張ってやるんで頑張ってない人のことを、あいつはダメだっていう風にしちゃったりとかします。

社内で、やっぱり社長が1番頑張ってるってなるんですよ。

だから「社長すごい!」っていう風になるんですけど、なんでずっと頑張っちゃうかというと、頑張らない自分の事を自分で否定しているんですね。

そして、否定されちゃったら怖いってのがあったりするんですよ。だから止まれないんです。

でも、オーナーになっている方って、自分が知りうる限りなんですけど、自分のマイナスの部分とかも抱きしめて、穏やかな風になってて、その人と触れるとこっちもなんか癒されるみたいな風になるんですよ。

そうすると、自分の負の部分も全部受け入れてるから、人の負の部分もね許せるんですよね。

目についたとしても、まーよかよかみたいな風になって、許してくれる癒してくれる  受け入れてくれる、大きな器で受け入れてくれるってなるから、その人と一緒に仕事がしたいってどんどんなってくるんですね。

その人の会社に入ってくる人もいれば、その人の元でグループ会社やらせてもらいたいってなったりとか、どんどんなってくるんです。

だから、チーム作りのプロなんです。

自分の弱みを見せることが出来るかどうか

自分には出来ない事がいっぱいあって、出来ない自分の事も良しとして、出来る人の才能を発見して、出来る人の才能伸ばして、出来る人の才能にどんどん仕事を振っていくと、こういう人がどんどんビジネスオーナーになっていきます。

人間性的には自営業者の人とビジネスオーナーの人の何が違うかなっていうと、人に頼める仕事、嫌な事とか出来ない事とか頼めるとか、弱音を吐けるとか自分の弱みをさらけ出せる人ってビジネスオーナーにどんどんなっていくんですよね。

僕の場合だったら、インターネットビジネスの仕組みを作ったり、ネットワークビジネスで割とプチ成功した事がありますけども、このビジネスだと、ビジネスモデルで収入が不労所得になったりするんですよ。

一生懸命ここで頑張ったりすると、インターネットが代わりに働いてくれたり、組織を作ると権利収入になったりとかなるんです。

でも、たまたま自分がやっているビジネスがビジネスモデルとして権利的な収入になっていくだけであって、本人の在り方がビジネスオーナーかどうかは別なんですよね。

これ、とっても大切で、じゃ自分の場合であったらネットワークビジネスで割と若くしてそこそこの権利収入を頂けるくらいのプチ成功を手にする事は出来たんですけど、僕の在り方はあくまでも自営業者だったんですね。

自分の負の部分を受け入れてないし、弱いところもダメっていう風にしていたし、頑張るんだーでやって来ていました。

だから、そっからちょっとずつ、ちょっとずつ心の心理学をどんどん探求していって、セラピストの人達に、どんどんお世話になっていって、あーこうやって幸せのメカニズムって出来上がっているんだーって事を実体験を通して、どんどん恐れを手放していって、どんどん執着を手放していきました。

で、全然出来ない事だらけだって事を認めていったら、書いたり喋ったり表現したりって事は僕の才能と役割なんですけど、それ以外ってあんまり出来ないことに気づいたんです。

だからそういう事は全部自分のチームに任せちゃって、お願いっていう風にやっています。

自分よりもすごい人に囲まれるような自分作りを今でも進めている最中です。

自分が1番すごくなっちゃいけない

こういうところが自営業者とビジネスオーナーの差なので、もしもあなたが自営業をやられている方なのであれば、あなたが1番すごいんじゃまずいんですよね。

あなたがいないとビジネスが回らないのであればまずいんですよね。

その為に試行錯誤をされていると思うので、まずは、メンタルの闇の部分をいっぱい癒していくんですよね。

恐らくビジネスオーナーになられている方は、絶対通っていると思いますよ。

特に両親との関係を綺麗にするんです。

両親との関係が綺麗じゃないと、絶対頑張るんだというモードで男性経営者の人ってやっていると思うので、そうすると苦しくなるんですね。

軍隊組織で確かに売り上げが伸びるし、強固な組織になるんですけど、あくまでもピラミッドなんですね、組織が。フラットなチームじゃないんですね。

だから、ちょっとずつ発信源であるあなたの人格、在り方を整えていくことが必須です。

過去を癒していくプロセスを通らないといけないんです。でも、それってすごく面白いんですよね。自分の過去を認めて癒して愛すので。

だから、どんどん自己愛がそのプロセスを通して高まっていくと思うのですけど、ちょっとずつみんながハッピーになっていく為に僕たちはビジネスをやっているので、どんどん分かち合いの輪、豊かさの輪が広がっていけば、いいんじゃないかなって思います。

まとめ

不労所得を得るビジネスオーナーに進化していくには、自分の過去の闇の部分と負の部分、自信がない部分というのを抱きしめて癒やしてあげることです。

すると、仕事を人に任せることが出来て、人の才能を認めて褒めてあげるような事が出来てきます。すると、あなたの周りにもっといっぱい優秀な人材が集まってきます。

その輪が広がれば、気づいたときには、不労所得を得るビジネスオーナーになっています。

人生を劇的に変える無料メール講座

もしもあなたが少しでも人生をいい方向に変えたいなとか、お金のことを改善したいなとか、人間関係・パートナーシップを改善したいなと思うのであればぜひ僕のメルマガを読んでみてください。

30日で人生が変わるキッカケをメール講座でお届けしていますので、ぜひ一緒に取り組んで行きましょう!

登録は下記URLから無料購読できます。つまらなかった3秒で解除できますので、気軽に登録してみてください。 それではメルマガでもお待ちしております。

>>クリックしてメルマガ登録する<<




1万人以上の方々から大好評!
30日で人生が変わる魔法のメール講座

「これ、本当に無料でいいの?」と多くの方から絶賛の声が集まっています。
是非あなたの人生にお役立てください。
今のうちにゲットしてください。
何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。
詳しくは登録ページにて。