『思考は現実化する』を具体例でシンプルに説明してみた

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』。1937年に発行されて、これまで世界中に多くの人々に多大なる影響を与えてきた考え方です。

すごく端的に言えば、「思ったことが実際に起きる」という、この考えですが、難しく考えようとすればするほど「そんなわけないじゃん」って、思っちゃうかもしれませんね。

そこで、今回は『思考は現実化する』をすご~くシンプルに、身近にある具体例を用いりながらご説明したいと思います。

思考は現実化することをシンプルに考えよう

例えば、この物質世界がどうやって成り立っているかとか、宇宙がどのようにして創造されているかとか、量子力学の最先端の話とかっていうのは、大分横に置きますね。

もっとシンプルに「思考が現実化するとはどういうことか?」って話にお答えするんだったら、あんまり難しくないんです。

ずっと考えている事が人生の現実として向こうからやってくるというシンプルな話です。

考えていることが現実としてやってくる

例えば、僕で言うんだったらYouTube動画を前からずっと撮りたかったんですよ。で、色んな人がユーチューブやってるのを知ってたし、前も僕もYouTubeをちょろっとやってた事があるんですけど、どうせやるんだったらQ&Aの事をやりたいなってずっと思ってたんです。

それが実際に形になったんです。ちょっと軽く聞こえるかもしれないですけど、これって思考が現実化したって、僕は思ってるんですよ。

おかげさまで、現在僕のYouTubeのチャンネル登録数は10,000人を超えました。ありがとうございます。

思考しなければ現実化しない

逆を言えば、僕がこのようなことを全く思わなかったとしますよね。だとしたら、YouTube動画なんか撮っていると思いますか?

今このコラムを読んでくださっている方には、YouTubeを撮ったことがない方が多いと思います。その人たちって、「YouTube撮ろう」って、思考しなかったから現実化していないだけなんですね。『思考は現実化する』は、至ってシンプルな話です。

スティーブ・ジョブズの思考が現実化したiPhone

例えば、僕が使っているiPhoneは、スティーブジョブズさんの頭の中にあった思考が現実化したっていう話なんです。

どういう事かって言うと、スティーブジョブズさんとお会いしたこともないですし、iPhoneをどういう背景で作っていたかという想いや思考を聞いたわけじゃないので詳細は分かりませんが…。

きっと、スティーブジョブスさんの頭の中に

こういうデザインで、こういうサイズで、こういう機能があって、こういうフォントの美しさ、こういうグラフィックの美しさの携帯電話があったらいいなー

って10〜20年前くらいにあったんですよ。彼の脳みその中に。

それは多分、日ごろのIT産業に触れていて「こんなのあったらいいなー」と、彼のインスピレーションにあったと思うんですよね。

ずーーーーっと

「こんなのがあったらいい、こんなのがあったらいい、こんなのがあったらいい、こんなのがあったらいい、どうやってできるかな、どうやってできるかな、どうやってできるかな、どうやってできるかな」

と思い続けていて、ちょっとずつ、ちょっとずつそれを現実化するための人と出会いがあって、会社作って、商品化してみて、テストしてみたけどやっぱりだめで、とかっていうことを繰り返して、物質になったんですよ。

これって思考が現実化するって話ですよね。

思考が現実化したコップ

水を飲むコップでいうんだったら、このコップを作ってるメーカーがどこのメーカーなのか、わかんないですけど、誰かがコップを作ったんですよ。形としてこれがあるっていう事は。

誰かが作ったって事は、工場で作業した人がいる訳ですよね。

作業した人がいるって事は、こういうデザインの物を作ってくれっていう風に指示した人がいて、一番最初はこの形のコップ、あったらいいな、欲しいなっていう風に描いた人がいたんですよ。

その人がデザインをしてみたり、人にデザインを頼んでみたりして「あぁそうそうこういうの。」みたいなデザインが出来上がっていって、何らかの手段と方法を通して、作ったってことです。なので、これも思考が現実化してるって言えますよね。

あったらいいなをカタチにする

僕らが生きている中で、思考が現実化したものにしか触れていません。

朝起きてから夜寝る前までに、電車やバスに乗ったり食事を食べたりして何かしらの商品に触れてるんですよね。商品というのは、サービス、モノ、情報とか、旅行の体験とか、色々です。

それって、一番最初は大抵その会社にいる誰かの頭の中に「こういうのがあったらいいんじゃないか」っていう思考が始まりだったんですよね。

その経営者の人が仲間を募って、現実化になったんですよ。これが思考が現実化するってことです。そういう事例は無限にあります。

仕組どうこうじゃなくて『思考は現実化する』という事実

このように、非常にシンプルな『思考は現実化する』という考えですが、深く突き詰めようと思う人ほどいろいろと理屈で考えようとしてしまいます。「どうなっているんだ?」と、仕組みを求めちゃうんですけど、そうじゃないんですね。

例えば、今あなたは家にいて、夜になると、部屋の電気ピッってつけるじゃないですか。
スイッチをピッって押すと電気がつくっていうルールを知ってるから、ピッって押すわけですよね。

でも、ピッって押したときに、もしくは、押す前に、豆電球のなかのフィラメントの構造がどういう風になって、電気がどういう風に走っているから電気がつくんだって言う構造を勉強してから電気をつけているわけじゃないですよね?

電気をつけるのに必要なのは、スイッチを押せば電気がつくというルールを知ることであって、構造を知る必要はあるのでしょうか?

僕は、知らなくていいと思うんですよ。どうやって電気をつけるかさえ知っていれば。

でも、大事なのって、それを活用することとか、紐解く事の方がよっぽど大事です。

だから、思考は現実化すると言うことも、これが事実だということを受け止めて、どうやって上手に活用するのかが大事なんですね。

思考は現実化する。現実を変えるなら自分の思考を変える

そういう風に世の中を捉えてみると「人の事を変えよう」という発想ではなく「自分の思考を変えれば現実が変わるんだなー」ってことも分かってきます。

人生や現実を変えたければ簡単で、自分の思考を変えるんですよね。

だからまず、普段どういう思考をしているのかをチェックする事からがスタートだと思います。

そういう事を実生活でやり始めると、「あっ、自分の思考が色んな自分の人生の結果に現実化してる!」って事に気付くというか、受け入れざるを得ないようになってきます。

思考は現実化するし、思考しか現実化しないし、そういうカラクリが、僕らルールの下で生きているのが分かると、より楽しくなってきます。自分が変われば人生なんて無限に変えられます。こんなに面白い遊びはありませんよ。

思考は現実化するとセットで覚えておきたい『引き寄せの法則』

『思考は現実化する』と、ぜひセットで覚えていたい考え方に『引き寄せの法則』というものがあります。簡単に言うと、「思ったことを現実に引き寄せる」という、思考は現実化することをさらに応用したような法則です。

僕の他のコラムでいくつも書いていますので、参考に読んでみてください。

引き寄せの法則の本質と引き寄せの法則を上手に活用する4つのコツ

2017.02.17

「これは間違いない」と多くの人が体験済み!お金や売上を引き寄せる鉄板法則

2016.10.04

引き寄せの法則の本質!効果を極限まで引き出して人生を変えるため波動調整方法

2016.09.09

引き寄せの法則を最大限に加速させるメルマガ配信中

引き寄せの法則を加速させるための「たった30日で人生が劇的に好転していくメール講座」というのを無料メルマガでやっています。

メルマガの方では4種類の無料コンテンツを配信させて頂いています。このコンテンツをぜひ僕から受け取ってください。30日間僕からあなたに、成功や豊かさを手に入れるための貴重な僕の体験と、知恵を分かち合いますし、皆さんの内側に眠っている才能とか可能性の種を引き出すようなアウトプットの質問をさせていただいて一緒にワークをやっていくようなコンテンツもあります。

「無料でここまでやるのか!?」と大好評をいただいておりますので、ぜひぜひ一緒に成長の分かち合いを出来ればと思います。

登録がまだの方は、これを機にぜひ登録してみてください。 登録は無料で、ぽちっと下のURLをクリックして頂いて、名字とアドレスを入力して頂くと無料でできるようになっていますし、解除もすぐにできますので、気軽に安心して登録して見てください。




1万人以上の方々から大好評!
30日で人生が変わる魔法のメール講座

「これ、本当に無料でいいの?」と多くの方から絶賛の声が集まっています。
是非あなたの人生にお役立てください。
今のうちにゲットしてください。
何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。
詳しくは登録ページにて。