引き寄せの法則で本当に大切なのは「願望」ではなくて「意志」

今年に入ってから、自分の内側をチューニングするときにずっと意識していることがあります。

それは、

「いかに願望を無くしていくか」

です。

願望を減らし、極力、ゼロに持っていくために自分なりのチューニングをしています。

それは「無欲」に近い感覚です。

 

無欲に近づくと、何が残るのか?それは、「意志」が残ります。

引き寄せや、思考が現実化するのは、「願望」ではなくて「意志」なんですね。

願望と意志は何が違うのか?

「願望」は「意志」が実現しないことで、「悩み」と対になって生まれたものです。

「願望」は「~~したい(願望)が、~~できない(悩み)」という心理で生じる気持ちです。

簡単に言うと、願望は実現せず、意志は実現します。

引き寄せを学んで、願ってみたら、逆のことが起きてしまった!!!!なんて体験の方、いるのではないでしょうか。

それは、願望と意志が分離しているので、表面の願望の裏に、本音の本音の部分の意志は逆のことを発信していたからです。

どうすれば「意志」を発することができるのか?

そういう疑問が出てくることだと思います。

あるいは今自分が発しているものが「意志」なのか、「願望」なのかどうすれば判別できるのか。

掘り下げていけば行くほど、迷宮入りになりそうになりますが、それは「空」の意識から発動したものかどうかで判ります。

「空」の意識から発動したものは「意志」と言えるからです。

ざわついた気持ちから意志が実現することもありまが、ほとんどの場合、静まった気持ちから「こうしよう」とふと思ったことが正解です。

願望は力こもりますが、意志はこもりません。叶えよう、としているものが願望です、だから叶いません。

意志はもっと静かなもの

意志というのは「たぶん、そうなる」という静かな確信に近い感覚があり、「まるで、そうなるのを知っているかのような感覚」です。

だから、願望の周りにくっついている余計な不純物を取り除くことを僕はよくしています。

力が入りそうになったら、叶わなくていい手に入らなくていいやらなくていいどうでもいい、という感じで、自分の心を鎮めます。

鎮めて鎮めて、深く静かになったところで、ふとしたときに

「あっ、こうなるかも」

というものを、発信しています。

ご参考までに♪

今日も応援しています!




1万人以上の方々から大好評!
30日で人生が変わる魔法のメール講座

「これ、本当に無料でいいの?」と多くの方から絶賛の声が集まっています。
是非あなたの人生にお役立てください。
今のうちにゲットしてください。
何やらここでは言えない
『超豪華特典』が付いています。
詳しくは登録ページにて。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です